中央ステージゲスト告知!



お久しぶりです皆さんこんにちは!多摩美術大学芸術祭実行委員会です!
多摩美の芸術祭まであとなんと一ヶ月切りました!
おまちかねのもうお祭りまで後少しですよ!
というわけで本日は芸術祭開催期間中の中央ステージのゲストの告知をします。

?中央ステージって?
タマビ芸術祭開催期間中にだけ特設される、大きなステージのことを指します。
学生団体やゲストアーティストたちがバンド演奏やパフォーマンスを行う、音楽好きにはたまらないスポットです!

さてさてそんな中央ステージ、
毎年ゲストアーティストをお迎えしてるのですが、今年度はなんと…!





Dachambo
在日ファンク
はるめぐ祭
の3つのゲストアーティストをお招きします!!


以下、それぞれのプロフィール、出演時間のインフォメーションです。
多摩美で見る前に、サイトなどで予習しておくのもいいかもしれません!



★Dachambo本祭2日目、10/30(土) 15:45~】
日本が宇宙に誇るサイケデリックJAMBAND、もしくは快楽探求楽団。
ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、
そしてデジタル音からなる、
ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽
といったジャンルの枠をひょいひょいと変幻自在に飛び越えるPEACE&SMILEに溢れた彼らのライブは、
自分達とその場に息づく空気、居合わせたお客さんとのバイブレーションの交換から生まれ、
常に変化しつづける形容のしがたい、することの出来ない音を産み続けてゆく。
それは「人が踊る」ことへの初期衝動を覚醒させる中毒性をもったサウンドであり、
現世と彼岸の境界線を遥かに越えてビヨンド・ビリーヴな踊りのサークルから生まれるカオスでもある。
そんなDACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、
草の根的に"DACHAMBO村"日々拡大中。

http://dachambo.com/pc_index.html


★在日ファンク本祭3日目、10/31(日) 13:15~】
新しい時代のディープファンクバンド、在日ファンク。
高祖ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら(在日)
再認識しようと、音、思想、外観あらゆる面から試みるその様は目を覆うものがある。
しかし、それこそがまさにファンクだということに彼らはまだ気付いていない。

http://www.zainichifunk.com/

★はるめぐ祭【本祭3日目、10/31(日) 16:45~】
映像、音、オーディエンス、そこにいる全ての人々が表現者であると言うシンプルなコンセプトの元、映像作家である、迫田悠と澤田めぐみにより、2009年から活動を開始。
映像と音楽が対等に共存し、空間を構築し関わる全ての人の個性が混ざり合って作り上げて行く空間を目指す。
『はるめぐ祭』では『即興』の可能性を無限に追求し続けている。
http://www.myspace.com/harumeg


これらのアーティストさんが多摩美の中央ステージで…!
と考えるだけで既にどきどきが止まりませんね!

みなさんお楽しみに!!




▽日本ブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
▽学生ブログランキング






コメント
はるめぐ祭りのステージを観に行きたいのですが、雨天の場合はどうなりますでしょうか?
  • toshikix
  • 2010/10/28 10:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

profile

     

多摩美術大学八王子キャンパス芸術祭
2010年 10月29-31日10:00~19:00
(最終日は18:30、展示は17:00まで)
詳しくはこちらからどうぞ→

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM